「受験対策に向けて塾を選ぶ」

志望校に向けて最適な環境を選びたい!「塾選び」では、志望校についての情報力や指導力など、お子様の受験勉強をサポートする指導体制を確認したいところです。ただ、つらい受験勉強を乗り越えていくのは、お子様ご本人です。お子様が前向きに取り組める環境であることを、念頭に置きながら、塾を探していきましょう!

塾ピタ子
【見学前の探し方/実際に見に行った時の選び方】お子様と一緒に受験を乗り切れるる塾選びのポイントはこちらです!

ポイント①:「塾までの距離」

「お子様を想って通いきれる場所を」

志望校や合格実績に合わせて、遠方までの通塾を検討することもあるかと思います。ただ、受験勉強は、お子様にとって体力的・精神的に大きな負担となります。保護者の方のサポートができる範囲を含めて、無理なく通えるところにある学習塾を選ぶことが大切です。


「一緒に歩いて道のりをチェック」

塾に足を運ぶときには、実際の通塾手段で、家から塾までの道のりを移動してみましょう。通塾にかかる時間や危険なところを確認します。寄り道できてしまいそうなところなど、あらかじめ見つけておけると安心ですね!

ポイント②:「学習カリキュラム」

「目的のコースの有無」

お子様の「志望校」のレベルに合わせた指導体制が整っているかどうか、まずは、クラスやコースの編成を確認しましょう。

・中学/高校受験コースの有無
・習熟度別のクラス・コースの有無

もちろん、目標までの道のりも大切です。お子様とは、目標までのステップを話し合っておき、塾にどんなことを期待するのか明確にしておきましょう。

・学習時間をつくる(自主学習を〇〇時間する)
・習熟度を図る(模試の結果を段階的に上げていく)


「ついていけるか、やりきれるか」

●クラス・コースの詳細
カリキュラムは、「授業1コマあたりの学習量」や「1回の宿題の量」に大きく関わる、重要なポイントです。クラスやコースによる学習内容の違いやペースの違いは、必ず確認しておきましょう。たとえば、最終学年の夏までに、小学校/中学校で習うことは一通り学習し終えて、9月以降は過去問・予想問題などで演習するなど、学校の学習進度よりもかなり速いペースになる場合もあります。説明会では、お子様の学習経験に照らし合わせて、クラスやコースのペースについていけるかを相談しましょう。

「入塾テスト」を受けられる場合には、現在の学力を把握した上で、今後必要な対策について質問をしましょう。過去に模試を受けたことがあるなら、その結果を持参しても良いです。


●学習時間をつくる(自主学習を〇〇時間する)
意欲的に学習できるのはどんな環境でしょうか?授業のペースや質問しやすい環境かどうかは、体験を通して確認しましょう。授業の様子は、授業形態(集団・個別) によって大きくことなりますので、時間があるなら、どちらも実際に見てみてください。
また、自主学習のサポート体制も重要です。自習室の有無や質問対応できるかどうかも、併せて聞いてみましょう。

●習熟度を図る(模試の成績を段階的に上げていく)
受験当日までの道のりは、非常に長いものです。受験勉強においては、より短期的な目標として、模試がよく利用されます。模試の結果に応じて、学習法を調整したり、目標を切り替えたりすることが大切です。説明会では、模試の結果のフィードバックをどのように受けるのか、確認しておきましょう。

ポイント③:「進路指導・合格実績」

「動き出しのスケジュール」

塾側の合格実績は重要ですので当然チェックして参考にしますが、それと同じくらい重要なのが、受験勉強開始の時期。もし、周囲の方に受験を経験された方がいるなら、入学試験までの大まかな流れを聞いてみてください。具体的なスケジューリングは、入塾後に決めていきますが、「いつから学習塾に通い始めたのか?」「いつごろ志望校を見学したのか?」など、動き出すタイミングが重要なことは、学習塾を検討する段階で把握しておきましょう。


「進路の決め方、相談の機会は?」

●志望校への個別対策
志望校の合格実績があるからといって、合格が保証されるわけではありません。明確な志望校があるときには、そこに対しての受験対策が整っているのかどうか「●●中の英語は4技能ですか?」などと聞いてみましょう。
また、過去の生徒の実例なども合わせて聞いておくのが良いでしょう。


●成績と特性に合わせた進路提案をしてくれる?
志望校を探すときには、大きく2つの軸があります。成績(内申点)や偏差値などのデータから、適正な志望校や併願校を探す場合、それから、子どもの特性など、数値的に測れないものから探す場合です。受験する学校におおよそのイメージがついていたら、異なる学習塾で同じ質問をして比較するのもよさそうです。


●面談など相談の機会はある?
希望する受験校対策が適切かどうかを相談したいときのために、学習塾と相談する方法を確認します。面談の頻度や、ほかにも、電話相談が可能かどうか、を聞いておきましょう。

ポイント④:「費用面」

「費用の上限を決めておく」

費用については、WEBサイトやパンフレットでは、具体的な金額を載せていない塾がほとんどです。塾の説明会に備えて、どれくらいの費用がかけられるのか、ご自身で目安を立てておきましょう。


「年間総額はいくらかかるの?」

通常授業の費用だけでなく、オプションの種類の費用を把握することが大切です。「授業料」に「テキスト代」が含まれていない、などということもあるので、注意が必要になります。通常授業以外にどんな費用がかかるのか、まとめて確認しておきましょう。

●1分あたりの費用は?
受験対策は高額になる事が多いです。同じ費用に見えても、1コマあたりの授業時間や、週あたりのコマ数が塾によって異なります。費用総額を比較するときには、1分あたりの費用を出してみるとよいでしょう。

1コマ当たりの授業時間=●分
1カ月当たりの授業回数=▲回

月額費用★円÷(●分×▲回)=1分あたり授業料

塾ピタ子
いかがでしたか?見学前の心構えと、見学に行った際の質問の準備をしっかりして、お子様に合う塾を見つけていきましょう